テクノロジーがもたらす経済成長と雇用

週刊東洋経済Plus

テクノロジーは人間の敵になりうるのか? この問いは、19世紀初頭のラッダイト運動(英国での機械打ち壊し運動)以降、社会科学において、いや人類にとって、最大の関心事の1つであり続けてきた。ここ数年では、“AI(人工知能)”という単語が広まり、「20XX年までに現在ある仕事のY%が奪われる!」などという言説があふれている。むろんそれらの考察ではAI自体の定義もバラバラであるうえ、人間の仕事がそのAIとやらにどれほど取って代わられるかなど、実証的に何か信頼できる数字があるわけではなく、主観的予想の域を出ない。一方、テクノロジーが人間の仕事にどのような影響を与え、実体経済にどのような結果をもたらしたかという点は、経済学の研究蓄積である程度が解明されている。

本稿では、技術的失業と技術革新に伴う労働市場の構造変化を解説し、現代社会への示唆を試みる。

続きは週刊東洋経済Plusの記事をご覧ください

Avatar
菊池 信之介(Shinnosuke Kikuchi)
Ph.D. student at MIT Economics

Ph.D. student interested in Macroeconomics, Technology, and Inequality