Avatar

菊池 信之介(Shinnosuke Kikuchi)

Ph.D. student at MIT Economics

Massachusetts Institute of Technology

略歴

マサチューセッツ工科大学 経済学部博士課程

マクロ経済学やミクロ計量経済学の手法を用いて、経済成長と格差の関係、テクノロジーが雇用と賃金にもたらす影響、ならびにそれに伴う最適な政策対応について研究。昔はMcKinseyでコンサルタントをしていました。

略歴や研究の詳細については英語のページをご覧ください。

興味・関心

  • マクロ経済学
  • 労働経済学
  • 公共経済学
  • 開発経済学・経済成長論
  • 計量経済学・因果推論

学歴

  • 経済学博士課程, 2019-2025 (在籍中)

    マサチューセッツ工科大学

  • 経済学修士, 2019

    東京大学

  • 経済学学士, 2016

    東京大学

日本出没情報

予定

2020年1月29日現在、予定はありません。

過去

作文

日本の大学院から米国経済学PhD留学への出願準備について

日本の大学院から米国経済学PhD留学への出願準備について、出願準備に必要なものと実際の出願準備体験談をまとめました

テクノロジーがもたらす経済成長と雇用

テクノロジーは人間の敵になりうるのか? この問いは、19世紀初頭のラッダイト運動(英国での機械打ち壊し運動)以降、社会科学において、いや人類に